■研修

パッションジャパンの研修は、
すべて個々の企業向けにカスタマイズを致します。
目的・ゴールを共有し、
そこから研修を組み立てますので、
研修時間・人数等もフレキシブルに対応可能です。

研修プログラムは、すべて実践コンサルティングプログラムで
成果を創出してきたノウハウをお伝えします。
必ず現場での成果に結び付くよう
●事前のインタビューや現場調査
●研修プログラムの策定
●研修後実施徹底事項の確定と落とし込み方法
●研修後実施確認と改善方法

等を研修前にしっかりと企業の研修責任者の方と
共同策定致します。

また、研修で習得したことを
具体的に現場でどのように落とし込み、実行させるか。
その指導方法も研修を通して教育致します。

あくまでも実践に活かす研修を目指し、
研修の為の研修は決して致しません。

【概要】
CS(顧客満足)・ES(従業員満足)を向上させる。
現代は物ではなく人で何かを判断する時代です。
情報化社会になればなるほど、人を介したサービスに心が動かされるもの。

どうしたら顧客との接点を強化することができるのでしょうか?
日本が世界に誇る「おもてなし」とは?
「おもてなし」をプロセス化するとどのような行動になるのか?
ビジネスでお客様に顧客満足を越えて感動を与えファンになってもらう「おもてなし」術は?
具体的な行動に落とし込み、
また「なぜそれをする必要があるのか?」を研修を通してしっかりと伝えることが
定着化のキーとなります。

そして組織内「おもてなし」(ES)とは?
職場の雰囲気が良くて、
働く仲間や職場の気がいいからこそ
お客様に心のこもった徹底した、プラスαのおもてなしができるのです。

具体的な基本動作から、
その企業の顧客との接点にあったロールプレイング等を
通して、実戦的にどうすればお客様に喜んで頂けるか?
そして自分自身の仕事が楽しくなるか?

口コミをしてくださるファンづくりのコツもお伝えします。

【概要】
SSS営業(販売)スキル研修は、
商談・販売スキル&営業プロセス全体の両軸を
徹底的に強化する実践研修です。
スキル(技術)ですので、属人的であると思われている営業力を
体系化して学ぶことができ、誰でも営業(販売)力を
つけることができます。
<SSS=ストローク・セリング・スキルズ>

この研修プログラムの大きな特徴は、
行動心理学を基に開発しているスキルであり、
押し売りではない、顧客に喜ばれる営業(販売)
ができるようになることです。

最近多くの企業で「提案営業」・「価値提案営業」という言葉を
耳にするようになりました。
しかし、そのほとんどの企業では、単なる自分達が売りたいものを
自分たちの都合でプレゼンしているだけのお粗末な営業(販売)スタイルを
提案営業と言っています。

この営業スキル研修は、
顧客をより深く理解し、「売り手主体」の営業活動を「顧客主体」へと移行させ、
「顧客が持つ問題点に焦点を当てる」営業活動を
可能にするための技術を取得する研修です。
これを可能にするためには、営業(販売)担当者が、
商品を熟知するのと同様に顧客との関係に敏感であることが必須条件であると考えます。

SSS営業(販売)スキルを熟知し、実戦で活用することで、
顧客のパートナーとして、商品が持つ価値を全て引き出し、
顧客の立場から納得できる営業戦略を展開することが可能になります。
営業担当者が顧客との「取引」を成立させるために、
問題の解決者として顧客との間に長期的な信頼関係を築いていかなければなりません。
SSS営業(販売)スキルでの営業活動での基本原則は

「顧客を最優先する」
「顧客の参加」

です。顧客が営業(販売)活動に参加して、自分で自分の必要としている商品、
サービスを営業マンと共に協働で、定義、開発していくことが基本原則です。
この基本原則を基にSSS営業(販売)スキルには6段階のステップで習得します。

また、営業(販売)活動全体のプロセスを見える化するプロセスマネジメント、
おもてなし営業(販売)の4ステップ(準備・感察・実行・残心)を高度化することで
誰でも、営業(商談)活動をスキル(技術)として習得することができます。

研修では、一方的な講義ではなく、事前に営業活動調査を行い、
それぞれの企業や組織に合った営業(販売)スキル開発を実施した上で、
グループワーク(GW)、演習問題を取り入れた参加型の講義で体得していただきます。
また、毎回 ロールプレイを行い、新しい知識と受講者の皆さんの
普段の営業(販売)活動への落とし込みを具体的にはかってまいります。

【研修メニュー】
1.営業・販売における第一印象・第二印象強化
2.SSS営業(販売)スキル 商談Ⅰ
3.SSS営業(販売)スキル 商談Ⅱ
4.おもてなし営業4ステップ・営業プロセスマネジメント

【期待効果】
・売上向上
・顧客満足度向上
・リピート率向上
・商談ゴール達成率向上
・営業(販売)の量×質の高度化
・企業独自の価値提案の型 確立・運用
・営業活動の見える化
・営業力の組織的体系的な育成方法の確立

【概要】
生産性を向上させる。
生産性の概念は何でしょうか?
私たちは、
生産性=稼働率×効率 と考えています。
稼働率と効率を向上させるために、
現状の課題は何なのか?
その課題を解決するための業務の見直し、
新しい業務プロセスや基準の設定、
意思決定の方法やスピード化、
朝礼や会議体の見直し等を行うことで、
職場の生産性を必ず向上させます。

また弊社の生産性向上研修の特徴として、
単に機械的に生産性を向上(稼働率・効率を向上)させるのではなく、
「おもてなし行動KPI」を導入することで
職場が活性化し、元気になります。

主に、製造現場や事務部門、間接部門において
仕組みとして生産性を向上させる為に、
最低限必要であり重要な「型」を習得し、
成果を上げることができ、資源の有効活用を可能にします。

【研修メニュー】
1.生産性の概念・問題発見・5S・報連相
2.ロストタイム・マネージャーの仕事とは?
3.ワークアサインメント・業務互換性・基準値設定・マネジメントシステムとは?
4.バッグログコントロール・ボトルネックバランシング・効果的な朝礼&ミーティング
5.職場のストローク・おもてなしKPI
6.ストロークマネジメント

【期待効果】
・生産性向上(現状値比:130%以上)
・5S徹底
・業務の棚卸と見える化
・業務プロセス見直しと新業務プロセス開発
・職場のコミュニケーション活性化
・退職率低減

【概要】
マネジメントとは?
果たして皆さんは
この問いに答えることができるでしょうか?

多くの企業で、マネジメントに関して
マネジャー・リーダーとして日常の業務において
具体的にどのようなことをしなければいけないか、
ということを教えておらず、まったく属人的となっています。
我々は、組織元気化のキーはマネジメント層の育成・成長
にかかっていると思っております。

弊社のマネジメント研修は、
問題発見・問題解決手法。
マネジメントシステム(PDCAサイクル)
の見直しと再設計。
行動指標(KPI)設定と短い頻度での
計画/実績の差異分析。
朝礼・会議・意思決定の方法。
そして、部下や上司、周囲とどのように
マネジャーとしてコミュニケーションをとり、
業務を推進させるべきかといった、
「ストロークマネジメントコミュニケーション」
(弊社独自のコーチング手法)
を実際の業務に即して、座学と実践を通して
しっかりと習得していただきます。

また、単に業務スキルとしてのマネジメントを学ぶだけではなく、
人の上に立つ人としての、『人間力』を如何にして身につけるか?
どのように日常を過ごすべきか?
どのようなことに注意すべきか?
といったエグゼクティブリーダーとしての心得も
お伝えいたします。

【研修メニュー】
1.マネジャーの役割・エグゼクティブマネジャーの基本動作
2.現状マネジメントの仕組み分析・マネジメント課題抽出
3.新マネジメントの仕組み(マネジメントサイクル)開発・KPI開発
4.問題解決ミーティング(差異分析)・会議体/朝礼見直し
5.マネジャーとしての人間力
6.ストロークマネジメント(コーチング)

【期待効果】
・生産性向上
・売上向上
・組織マネジメントの仕組み構築(型の策定)
・職場のコミュニケーション活性化(職場元気化)
・幹部層の育成(人財の見極め)
・マネジャー層の人間力・基本動作向上

【概要】
常に変化し続ける環境への適応は、自らが変化し続けること。
多様な人材を活かす経営こそが企業生き残りの鍵となります。
女性の働き方が変化してきている中、女性労働力に期待、活躍の場が増えています。
女性活躍推進法も決まり、企業における女性の活用が
非常に重要になってきています。
しかし、実情は女性が「そこまでやりたくない」、
「やり方もわからない」、「男性だって嫌なことを我慢しているだけ」
といった声が聴こえてきます。
無理やり、環境が変わったと言っても
なかなか働き方が変わることはありません。

これから活躍する女性たちへ、女性講師の自らの経験をふまえながら、
自己変革・問題解決思考強化・キャリアプラン・ダイバーシティマネジメント
・仕事と自分が幸せを感じ、輝ける人生を創るための秘訣ついてお話しします。
また女性の強みを生かした、問題解決手法やプロジェクトマネジメント手法、
基本的なマネジメントの実施事項等を身に着けます。

男性と張り合う管理型のリーダ―ではなくて女性の強みである
豊かな感性、共感力、調和力を活かしながら求められる対話型リーダー像を明確にし、
スキルだけでなく、人格・人徳を身に着けるきっかけづくりをします。
管理型・縦型のリーダーから部下がやりたくなる
巻き込み力のある調和のリーダーを目指して自らが高みをめざし、
チームも高めていく為の実践型研修です。
ストロークマネジメント(母性のマネジメント)、
現代の人を動かす新しい手法もお伝えします。

2年目だからこそ気づくことができる、社会人としての大切なことを意識しながら、
自分の仕事を主体的に捉え、より楽しく/より効率的に行う「型」を身につけるための研修。

【なぜ、2年目社員を対象にしているのか?】

<入社2年目社員の直面する現実>

一般的に、入社2年目には、仕事へのモチベーション維持に対する不安が大きくなり、
成長している感/役に立っている感/主体的取り組み感が低下する傾向がある

        ⇒

モチベーションの低下、やりがいの喪失が離職につながる。
入社後の離職率は3年目で3割程度に到達。

<入社2年目にアプローチする効果>

入社2年目は、1年間仕事の現場で多くのことを感じ感度が高くなっており、
かつ、自分自身を変えられるだけの柔軟性が十分に残っている時期。

そこで、2年目が始まるタイミングで、
モチベーションの低下/やりがいの喪失に対するテコ入れを行うことで、
仕事に対する好循環を生み出し、若手社員の離職率を下げることができます。

【具体的な研修内容】
1.振り返りによる気づき
  ・2年目社員としての貢献度合いの把握
  ・ビジネスマナーの実践状況チェック
  ・「自責」の意識の理解

2.必要なスキル/マインドの修得
  ・聴く力/発信力の強化
  ・業務プロセスの見える化とPDCA
  ・仕事のモチベーションアップ

3.継続による定着
  ・2年目のビジネスマナー動画活用による基本動作の定着
  ・研修の感想、チャレンジ目標の提出とその後の自分の変化の報告
  ・基本動作チェックリストによる自己評価と上長による評価

【研修実施のメリット】
<人材育成担当者の視点>
●やりっぱなしになることが多い新入社員研修を実務とリンクさせることで再利用することができる。
●理想と現実のギャップを克服できず、モチベーションを失う(最悪の場合離職する)社員を減らすことができる。
●2年目社員のOJTを担当する先輩社員や上長にとってガイドラインとなる評価ツールを活用できる。

<研修受講者の視点>
●理想とは異なる厳しい現実の中で、自分1人では見つけづらい仕事のやりがいや自分なりの成長軸に気づくことができる。
●長い社会人人生の中で重要なマインドやスキルを、自分自身を変える柔軟性が十分にある時期に獲得できる。
●気づき、学んだことを自分の中で定着させるまで継続するための仕組みが準備されている。

【概要】
新入社員の皆様には生ぬるい学生気分を払拭し、
社会人としての自覚をもち、
コミュニケーションの第一歩である「挨拶」「返事」の実施など、
組織の一員としての規律ある行動ができるように基本動作の徹底を指導致します。

社会人として遵守すべきこと自己管理 (時を守る・場を清める・健康を保つ)
あいさつ(自分から元気よく,大きな声であいさつする)
報告・連絡・相談・確認 (メモ、ノートに確実に書き取る)
指示の受け方 「はい」と大きな声で返事する
公私の区別(勤務中・会社物品・付き合い)
コンプライアンス(社会、社内のルール・機密、個人情報・SNSの取り扱い)
PDCA(仕事に取り組む型)
企業人としての 第一印象の重要性、身だしなみ、立ち居振る舞い、
話し方、聴き方、敬語、電話応対、訪問応対、
職場のエチケット・自己啓発等ビジネスで差をつけるマナーの心得を強化します。
何をしたいのか、自分としっかり対峙し、自己実現について考えたり、
感謝について自問する時間を持ち内省する力を高めます。

単なるビジネスマナーだけではなく、
当たり前だけど教えてもらっていない社会のルール。
社会人・企業人として、そして人間として必要な行動規範や道徳、
「してはいけないこと」もしっかりと伝えていきます。

【テーマ】
 三枝理枝子の2年目のビジネスマナー ~心が伝わる『所作のコツ』~

【サービス概要】
 コンテンツは、10章33動画で構成。

【運用環境】
 貴社Eラーニングシステム上にて(※環境によりご相談)、
 もしくは、YouTubeにて(会員IDにて閲覧可能)

【なぜ、入社2年目までの定着が必要なのか?】
あらゆるビジネスシーンにおいて非常に重要なビジネスマナーを
入社後の新入社員研修で初めて学ぶ新入社員がほとんど。
正しいビジネスマナーを身につけるためには、反復学習することが重要。

しかし、新入社員研修はやりっぱなしになることが多く、
学んだことを定着させる仕組み作りが欠如していることが多い。

【「2年目のビジネスマナー」映像の特徴】

『映像の中身』×『視聴の仕組み』でいつでもどこでも手軽に見られて、
ビジネスマナーの継続的学習を可能に。
繰り返し映像を見て練習することで、ビジネスマナーを自分のものとして定着させることができます。

『映像の中身』
・見たいモノだけ見れるように、1映像=1ビジネスマナーを取り上げて解説。
・1本あたり1分程度の短い構成。
・そこだけやれば上質に見える「差がつくポイント」を簡潔に解説。
・納得して取り組めるように理由も解説。

『視聴の仕組み』
・スマホ/タブレット/PCで動画サイトにアクセスすればいつでも視聴可能。
・事業内容に合わせて映像コンテンツの取捨選択も可能。
・リアル研修後の定着化ツールとしての利用が効果的。

【活用シーン】
●新入社員向けのビジネスマナー研修直後の定着化ツールとして。
●リアル研修が実施が難しい場合の独学ツールとして。
●後輩社員のOJTを担当することになり、ビジネスマナーを修得し直したい方に。
●今さらビジネスマナーなんて他人に聞けないとお考えのエグゼクティブの方に。
●マニュアルや本など図やテキストだけではわかりづらいとお考えの方に。
●ビジネスマナーの動作だけでなく、その理由も学習し、マナーの応用をしたい方に。

>>ご試聴はこちら・・・


サンプル1)『渡し方』
2年目のビジネスマナー


サンプル2)『かける』
2年目のビジネスマナー

只今参加者募集中!!
楽しく個性溢れるメンバー達と「互いにあるべき姿と向き合い、探求し合っていくプロセス」
「宮下哲朗のパッション!イベント」とは?

ラグビー元日本代表でチーム醗酵のスペシャリスト(12回の日本一を経験)、であり、
選手引退後もあらゆるフィールドでこの体現、表現を志し実践し続けてきた
スーパーファシリテーターでもあるパッションジャパンの宮下哲朗がコーディネートする
-宮下哲朗のパッション!イベント開催ー

■日程: 2017年6月10日(土)10:00~14:00
   (毎月第ニ土曜日予定)
■場所:パッションジャパン パッションサロン 
    東京都目黒区柿の木坂1-28-17
■費用:3千円(パッション会員2千円) 当日支払
    終了後懇親会予定(実費)   
■定員: 8名まで
■主な内容:大人の寺子屋として、様々なイベント(企画)を通して、基本的に
【学習➡実施事項決定➡実践➡フィードバック】 のPDCAサイクルを回すことで
自己成長を支援する仲間たちの集まりです。
「宮下哲朗のパッション寺子屋」ではメンバー同士での互師互弟関係に基づいた
個々の素材(魅力)磨きの場(機会)を提供します。