生産性向上研修

【概要】
生産性を向上させる。
生産性の概念は何でしょうか?
私たちは、
生産性=稼働率×効率 と考えています。
稼働率と効率を向上させるために、
現状の課題は何なのか?
その課題を解決するための業務の見直し、
新しい業務プロセスや基準の設定、
意思決定の方法やスピード化、
朝礼や会議体の見直し等を行うことで、
職場の生産性を必ず向上させます。

また弊社の生産性向上研修の特徴として、
単に機械的に生産性を向上(稼働率・効率を向上)させるのではなく、
「おもてなし行動KPI」を導入することで
職場が活性化し、元気になります。

主に、製造現場や事務部門、間接部門において
仕組みとして生産性を向上させる為に、
最低限必要であり重要な「型」を習得し、
成果を上げることができ、資源の有効活用を可能にします。

【研修メニュー】
1.生産性の概念・問題発見・5S・報連相
2.ロストタイム・マネージャーの仕事とは?
3.ワークアサインメント・業務互換性・基準値設定・マネジメントシステムとは?
4.バッグログコントロール・ボトルネックバランシング・効果的な朝礼&ミーティング
5.職場のストローク・おもてなしKPI
6.ストロークマネジメント

【期待効果】
・生産性向上(現状値比:130%以上)
・5S徹底
・業務の棚卸と見える化
・業務プロセス見直しと新業務プロセス開発
・職場のコミュニケーション活性化
・退職率低減